CANON 防振双眼鏡
前回のブログで予告した新機材なんですが、
コレです♪


キヤノン防振双眼鏡 18×50 IS
c0034787_19125847.jpg
[LUMIX LX3]


防振双眼鏡は、12×36 IS を入手していたのですが理由あって手放す事になり、
この際、と言うことで、最高倍率の18倍を購入しました(*^-^*)

実際のところ、12倍だと慣れれば防振じゃ無くてもあまりブレは気にならない
(鳥を見るぶんには)ので、18倍ぐらいないと防振の有用性はあまり感じられないんですよね~
この倍率だと、愛用の10倍双眼鏡モナークとも明確に住み分けが出来るので無駄もなさそうです。
フィールドスコープで主に使っているのは30倍ですから、ちょうど中を取った感じでしょうか…(^_^;

双眼で覗く18倍の世界は、単純に大きく見えると言うだけではなく
スコープのように片眼で見るものに比べて、立体感や距離感がよりリアルに感じられます。
そして、何よりも両眼視で見るのは非常に気持ちが良いのです♪
片眼だと、終始目に力が入っているような感覚があるのですが、両眼で見ると
力が抜けて、自然な感じで楽に見ることが出来るようです。。

吉野川河口中州
c0034787_21433698.jpg
[Nikon D200 : AF-S ED 300mm F4D]

河口で使ってみました。

ここは鳥が居る中州までの距離が遠くて、10倍の双眼鏡では小さなシギチの観察は厳しく
ちゃんと見るにはフィールドスコープが必須とも言える場所です。
そんな場所においても、双眼18倍の威力は絶大で、
もはやフィールドスコープは不要では無いかと思えるほどです。。 
1キロを超える重量ですが、50ミリ口径としてはごく当たり前の重さですし、
防振の機能があるのですから、考えようによれば三脚込みでこの重さと言う事になります(笑)

その防振の能力も素晴らしいもので、家の窓から電線に止まっているスズメを見た時
防振オフの状態では、ブレて見づらい感じですが、防振ボタンをオンにした瞬間に
それまで揺れていた視界が一瞬の揺らぎと共に停止し、
細かな羽の質感がくっきりと浮かび上がります。
理屈はよく解りませんが、とにかく驚嘆に値する機能です。。

画質も素晴らしく、中央から周辺まで均質なイメージで、スッキリと見易く感じます。
もちろんEDレンズを使用したフィールドスコープと比べると解像感や収差等では劣りますが、
それは比較するのが間違ってますね、、(^_^;

手軽に高倍率を手持ちで見る事が出来る上に、画質も良好、、
掛け値なしに良い機材だと思います。

ちょっと褒め過ぎ?

[撮影機材]

そんな、今日このごろ…


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
レポが参考になった~と思っていただけたらポチっとお願いします><

 
[PR]
by p-days_pero | 2009-11-21 21:43 | 機材
<< 久々更新 クロツラヘラサギ >>


徳島(及び近郊)で撮影した野鳥をメインに紹介。撮影機材レビューや、阿波踊り写真も多数。ドロップハンドル化したクロスバイク(自転車)に関する記事も少々…IDはPeroですが、 Ropeとも名乗ってます^^;
P-days Contents
お気に入りブログ
タグ
ライフログ
最新のトラックバック
1月2日 NewYear..
from 淡路島の野鳥ブログ...++
いろいろ
from 花月写真館
1月2日 鳥初め
from 淡路島の野鳥ブログ+
キビタキ男の子♪
from 晴れ時々?日記
以前の記事
カテゴリ
機材
その他
阿波踊り
自転車
ハワイの野鳥
アオアシシギ
アオシギ
アメリカヒドリ
ウグイス
ウミアイサ
エゾビタキ
オオジュリン
オオタカ
オオハクチョウ
オオソリハシシギ
オナガガモ
カモメ
カワセミ
カワガラス
カンムリカイツブリ
キアシシギ
キンクロハジロ
クサシギ
クロジ
ケリ
コアジサシ
コガモ
コゲラ
シジュウカラ
ジョウビタキ
シロチドリ
シロハラ
セグロセキレイ
ダイゼン
タカブシギ
タゲリ
タシギ
チュウシャクシギ
ツクシガモ
ツグミ
トラツグミ
トモエガモ
ハクセキレイ
ハマシギ
ビンズイ
ヘラサギ
ホオジロ
ホシハジロ
ホウロクシギ
マガン
ミコアイサ
ミヤコドリ
ミヤマホオジロ
ミユビシギ
メジロ
モズ
ヤマガラ
ユリカモメ
ルリビタキ
センダイムシクイ
トウネン
ウミウ
セイタカシギ
ヒメアマツバメ
マガモ
キビタキ
トビ
コチドリ
セッカ
ミソサザイ
オオヨシキリ
キョウジョシギ
フクロウ
ニワトリ
カワラヒワ
オオルリ
キジ
スズメ
ヒバリ
バン
サルハマシギ
キビタキ
ハヤブサ
ソリハシシギ
ヒバリシギ
アカアシシギ
キセキレイ
ツルシギ
コサギ
ウズラシギ
アメリカウズラシギ
オジロトウネン
ノスリ
ハイタカ
ノビタキ
ダイサギ
カイツブリ
マガモ
キセキレイ
ヒドリガモ
オオハシシギ
チュウヒ
ナベヅル
ムクドリ
チョウゲンボウ
ミヤマガラス
ホオジロガモ
シノリガモ
ハジロカイツブリ
オジロビタキ
ハイイロチュウヒ
サンカノゴイ
トラフズク
コクガン
オカヨシガモ
エナガ
アオジ
カワアイサ
ヨシガモ
マミチャジナイ
アカハラ
キクイタダキ
ハシボソガラス
キジバト
カモメ類
ヒレンジャク
クロサギ
シロエリオオハム
チュウサギ
ムナグロ
コヨシキリ
オオアカゲラ
カケス
ツツドリ
メボソムシクイ
コマドリ
ジュウイチ
コガラ
ゴジュウカラ
キバシリ
コアオアシシギ
オオワシ
オオマシコ
セアカモズ
マヒワ
カヤクグリ
ウソ
アトリ
ヒガラ
ソリハシセイタカシギ
サンコウチョウ
ヤマドリ
ホトトギス
イワツバメ
カッコウ
アマサギ
アオバズク
タマシギ
ハジロコチドリ
チュウジシギ
エリマキシギ
サシバ
オオジシギ
ハチクマ
ミサゴ
コクマルガラス
クロツラヘラサギ
ズグロカモメ
カラシラサギ
エジプトガン
シメ
ウミネコ
ウミスズメ
サンショウクイ
コオバシギ
ツツドリ
ツバメ
オグロシギ
サメビタキ
オオアジサシ
カラアカハラ
アカハジロ
コウノトリ
ベニマシコ
ミヤマホオジロ
シロエリオオハム
ツミ
コムクドリ
アオゲラ
メダイチドリ
オシドリ
ブッポウソウ
イソヒヨドリ
コバシチドリ
ダイシャクシギ
コハクチョウ
ハギマシコ
クロツグミ
ミゾゴイ
サカツラガン
ムギマキ
ハクガン
検索
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル